K&F

Production

​プロ司会者派遣
 プロ司会者養成
栗原譲.JPG

K&Fプロダクションは​

婚礼司会を通して

幸せのお手伝いをさせていただきます

K&Fプロダクション栗原譲

 

ホームページをリニューアルして丸2年、ご挨拶が当時のままになっていました。

大変申し訳ございませんでした。
 

そのわずか2年の間に、与えられた幸せをほしいままにしていた人類が、

世界中が、命の危険にさらされる事態に陥っていました。

ホームページリニューアル当時には想像すらできないことでした。

ブライダル業界がお客様にご提供させていただくのは「非日常」そのものですので、

これが無くなってもほとんどの方の日常にかかわるようなことは無いと言えます。

 

新郎新婦様が、すでに決まっていた結婚式、ご披露宴の予定を、事態が収拾するであろう時期に

延期をお考えになるのは当前のことで、半年先?10か月?1年後?、どなたもご自分の尺度で

これだけ開ければ大丈夫と言う延期日程をお決めになりました。

が、その想像をはるかに超えてすでに1年半以上が経過、ほとんどの新郎新婦様が延期の先からまた延期、

さらに延期というような大変な思いをなさっていらっしゃいます。

当然ブライダル業界はその間お仕事が戴けなくなります。

これにかかわる企業は他業種に比べても、さらに大きな打撃を受けていると言っても過言ではありません。

私どもは、本来「非日常」いわば「夢」の実現のお手伝いをする立場であるにもかかわらず、

むしろ自分たちが「悪夢」ともいえる現実にさらされているのが現状です。

業界を代表する大きな会社がまともに大嵐を受けて倒れてしまうのも目の当たりにしました。

 

ただ、幸いなことにK&F程度の規模の会社であるがゆえに、

今のところ河原の葦にも似て強風に身を任せることができています。

しかも、ありがたいことにK&Fの提携先のホテル、レストラン、結婚式場様はこんな中でも、

一か所の崩れもなく毅然として明日の「非日常」「夢」に希望をつなげてくださっています。

K&Fプロダクションに所属してくださっている司会者の皆様、もう少しの辛抱です。

明日を信じて頑張っていきましょう。

わずか1年と少し前には想像すらできなかったパンデミック。

次にこのご挨拶文を書く時には「つい1年前にはこんなに明るい日が来るとは思いもしなかった」

と言えるようになっているのでは。そんな気がします。

もっと先には「パンデミック」と言う100年に一度の歴史の生き証人として、

自分の子供や、孫たちに「どれだけ大変だったか」を教え「どうすれば困難に立ち向かうことができるのか」を

伝える先人としての務めを果たす日が必ず来ることと思います。

「もっと頻繁にご挨拶文を更新しろ!」と言うお叱りがないことを祈って2回目のご挨拶とさせていただきます。

 

                                             令和3年8月